人気blogランキング サッカーブログ ブログランキングネット
Google

2005年04月28日

UEFA UEFACL準決勝 第1レギュレーション

結果
ミラン(H)2−0PSV
チェルシー(H)0−0リバプール

★チェルシーvsリバプール
ものすごい盛り上がり方のイギリス・イングランド対決
周りの期待が大きすぎるのか、両チームともに手堅く戦っているみたい。

第2レグはどちらが有利なんだろう?
チェルシーは引き分けでも決勝進出(アウェーゴール)出来る。
リバプールはホームでの対戦となる。

とにかく点を取らないと始まらないけど、
またビビリながら、守備的な戦いをする予感もあるな〜f^^;
posted by 毒狗 at 06:01| Comment(0) | TrackBack(0) | UEFAチャンピオンズリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

UEFACL準決勝 第1レグ

★ミラン(H)2−0PSV
42分〜 シェフチェンコ  90分〜 トマソン

ミランがPSVに先勝
コメント
シェフチェンコ「難しい試合だった」
ヒディンク監督「ミランとの差? ゴールの場面だ」
カカ「1−0ではかなり厳しくなっていただろう」

★チェルシーvsリバプール
フジテレビ系列 午前3:35〜の放送を見ます。
posted by 毒狗 at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | UEFAチャンピオンズリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第33節 マラガvsバルセロナ 前半戦

margVSbar.gif
《クリックで画像が拡大》
前節もスタジアムに顔を出し、
エトーの出場は本人の判断による所が大きいみたい。
なんでも水曜日まではドクターストップもありえたようで・・・
毒狗はこの強行とも言える出場が心配。
これは何度も書いてる事だけど、
来季から成熟期(黄金期)が訪れるのではないかと思っているから。
一方あれだけ通じ合う事の出来る、又はエトーの意図を感じ取れて、
さらにそれを実行できるパートナーを得た事で、
楽しくてしょうがないのも理解できるし、1分でも長くプレイしたいのも分かるなぁ。

前半戦記事へ
ココからが本文
posted by 毒狗 at 16:34| Comment(0) | TrackBack(9) | リーガ・エスパニョーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バルセロナ あぁバルセロナ バルセロナ

観客もピッチ上のプレイヤーも全員が
ロナウジーニョ・ガウショを見ているといって良いんじゃない!!
ジュリを筆頭にジオベレッチなど活かされてナンボの選手はもちろん
我が強く時に個人技にはしり過ぎるエトーも主に彼にパスを出す側もDFがクリアする時も彼を探す。
もちろん相手は彼を潰しにかかる。
この良い雰囲気のままで、大きな選手の入れ替えもなければ間違いなく攻撃力は世界一
あとは、チャンピオンズリーグを勝つ為のディフェンシブな闘い方のオプションを増やせれば完璧じゃない^^
単純にピボーテ(ディフェンシブMF)を2人にするとか(←コンビネーションが必要になるけど)
セットプレーなどPエリア内でのマークのズレ予防とかに
FWを1人代えて5バック(3バックに2人のウイングDF)にするとか。
5バックならオーバーラップ頻度を上げればパスコースの減少も防げるんじゃないかな
しかもジオベレッチも良いシュートが打てる芸達者だし

▲マラガvsバルセロナ戦のレビューはのちほど投稿します。

人気blogランキング参加中
↑現在140位前後です。↑
◆1日1クリックが有効となります◆
posted by 毒狗 at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | リーガ・エスパニョーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月24日

レアル・マドリード 試合に勝って・・・

2−1で最も警戒すべき相手のビジャレアルに勝利したものの・・・。

◆前半にフォルランを倒しPK
●この判定にはサンチャゴ・ベルナベウがブーイングの嵐だったけど、
スライディングのタイミングが早くてもう一つボールへ届かなかったし、
フォルランが体勢を直せないくらい深かったのでしょうがないっちゃしょうがない。

◆これで獲たPKをリケルメが冷静にゴール。ビジャ先制!!!にちょっとニヤり

◆しかし、ジダンの何気なく見えるドリブルからちょっとブサイクな左足でのクロス(でもコントロールされてるからスゴイ)をロナウドがゴール!!!1−1で同点
●ホントにあの足の長さといいゆったりとした間合いといい、
年をとっても要所では衰えないらしさを見せるよね。

◆さぁここからが面白い(マドリディスタはひやひやかな;?)
サムエルが2枚目のイエローをゲット!!! 
●トレーディングカードじゃないけどダブりは歓迎されないよね^^;

◆ロナウドが左サイドで仕掛けて、ビジャDFとのからみで倒される。
ファールを要求したロナウドとそれを否定するビジャDF
しかし、この時の審判の判定はプレーオン。
ビジャDFの集中が一瞬切れたスキに転がってきたボールをロナウドがキープ
ほぼフリーの状態からPエリア内へ早めのクロスを入れる
すると驚きのポジショニングをしていたM・サルガドがそれに反応しスライディング気味のシュート
ブラインドになったのか、GKは一歩も動けずにゴール右角へf^^;ゴール!!!
●抗議しようと審判に近づいたのか・・・?
退場したサムエルのPoをカバーして中に絞っていたのか・・・?
とにかく、ビックリしたのはGKだけじゃなく、毒狗だけでもないって事はたしかf^^;

◆しかし、サルガドはこの後に警告を受け通算10枚目で次節出場停止!!!
さらに終了間際にはジダンが切れて一発レッド!!!

結果サムエル。M・サルガド。ジダン。が次節ソシエダ戦に出場停止!!!
次節こそ山場!?


●でもギャラクティコなんだから、ソラーリ。フィーゴ。出せばいいじゃない
あぁ次節のフォーメーションを考える楽しみが出来た!!
とか言えるバルセロニスタですいませんm(__)m

でもねでもねバルサもケガ人が続出で大変なのは変わりないんで・・・;

◆最後に高原が久しぶりの得点と言う事で以下に記事を
高原フル出場で1得点 ハンブルガーは快勝
posted by 毒狗 at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | リーガ・エスパニョーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月23日

ロナウジーニョとバルセロナ

ロナウジーニョ自身がラジオのインタビューで
「フットボールも好きだし、バルセロナも大好きだ。
もし今、10年契約にサインしてくれって言われたら、もちろんサインするよ。
ここより居心地のいい場所は世界中探したってどこにもないからね」
と言っているみたい。

毒狗は今まで、好きな選手が在籍するチームを応援してきたので、
選手の移籍と共に応援チームが変わる事も多かった・・・。

しかし、ロナウジーニョが終身バルサ宣言(たとえリップサービスを含んでいても)をした事によって、
毒狗も終身バルサ応援宣言!!!です。


posted by 毒狗 at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 南米のサッカー選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月22日

W杯 ヨーロッパ地区予選 4月4日現在

ヨーロッパ地区予選 4月4日現在
出場枠14

昨年のユーロを期に多くの主力(ジダン・ルイコスタ・ネドヴェドなど)が代表チームを離れた事で、世代交代が進んでいる。

【1組】
@オランダ  :勝ち点16:5勝1分
Aチェコ   :勝ち点15:5勝1敗
Bルーマニア :勝ち点13:4勝2敗1分
Cフィンランド:勝ち点9:3勝3敗 ヒーピア(リバプール)
Dマケドニア :勝ち点5:1勝4敗2分
Eアルメニア :勝ち点4:1勝5敗1分
Fアンドラ  :勝ち点4:1勝5敗1分
【2組】
@ウクライナ :勝ち点17:5勝2分 シェフチェンコ(ミラン)ヴォロベイ(シャフタール・D)
Aギリシャ  :勝ち点14:4勝1敗2分
Bトルコ   :勝ち点12:3勝1敗3分
Cデンマーク :勝ち点9:2勝2敗3分
Dアルバニア :勝ち点6:2勝5敗
Eグルジア  :勝ち点5:1勝3敗2分
Fカザフスタン:勝ち点0:5敗
【3組】
@ポルトガル    :勝ち点14:4勝2分
Aスロバキア    :勝ち点14:4勝2分
Bロシア      :勝ち点11:3勝1敗2分
Cラトビア     :勝ち点10:3勝2敗1分
Dエストニア    :勝ち点8 :2勝3敗2分
Eリヒテンシュタイン:勝ち点4 :1勝4敗1分
Fルクセンブルク  :勝ち点0 :7敗 
【4組】
@フランス  :勝ち点10:2勝4分
Aイスラエル :勝ち点10:2勝4分
Bスイス   :勝ち点9 :2勝3分
Cアイルランド:勝ち点9 :2勝3分
Dキプロス  :勝ち点1 :5敗1分
Eフェロー諸島:勝ち点1 :3敗1分
【5組】
@イタリア   :勝ち点12:4勝1敗
Aノルウェー  :勝ち点8 :2勝1敗1分 カリュー(ローマ⇒)スールシャール(マンU)
Bスロベニア  :勝ち点8 :2勝1敗2分
Cベラルーシ  :勝ち点5 :1勝1敗2分
Dスコットランド:勝ち点2 :2敗2分
Eモルドバ   :勝ち点2 :3敗2分
【6組】
@イングランド  :勝ち点16:5勝1分
Aポーランド   :勝ち点15:5勝1敗
Bオーストリア  :勝ち点11:3勝1敗2分
C北アイルランド :勝ち点3 :3敗3分
Dウェールズ   :勝ち点2 :4敗2分
Eアゼルバイジャン:勝ち点2 :4敗2分
【7組】
@セルビア・モンテネグロ :勝ち点11:3勝2分
Aスペイン    :勝ち点9 :2勝3分
Bリトアニア   :勝ち点9 :2勝3分
Cベルギー    :勝ち点7 :2勝2敗1分
Dボスニア・ヘルツェゴビナ:勝ち点3 :1敗3分
Eサンマリノ   :勝ち点0 :6敗
【8組】
@クロアチア :勝ち点13:4勝1分
Aスウェーデン:勝ち点12:4勝1敗
Bブルガリア :勝ち点8 :2勝1敗2分
Cハンガリー :勝ち点7 :2勝2敗1分
Dアイスランド:勝ち点1 :4敗1分
Eマルタ   :勝ち点1 :4敗1分

*開催国ドイツは出場決定済み
 各組1位はW杯出場。
 各組2位のうち、成績上位2チームがW杯出場。
 各組2位のうち、残りの下位6チームでプレーオフを行い、うち3チームがW杯出場。
posted by 毒狗 at 01:09| Comment(0) | TrackBack(3) | ワールドカップ予選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

W杯 アフリカ地区予選 4月4日現在

アフリカ地区予選 4月4日現在
出場枠5

【3組】は、常連となりつつあるカメルーンを抑えて、
コートジボワールが4差で1位。
原動力は、フランス「リーグ・アン」のマルセイユで活躍し
イングランド「プレミアシップ」チェルシーに移籍した
ディディエ・ドログバ。ドイツW杯でも得点王候補か?

【1組】
@トーゴ   :勝ち点13:4勝1敗1分
Aセネガル  :勝ち点13:4勝1敗1分
Bザンビア  :勝ち点13:4勝1敗1分
Cコンゴ共和国:勝ち点6:2勝4敗
Dリベリア  :勝ち点4:1勝4敗1分
Eマリ    :勝ち点2:4敗2分
【2組】
@南アフリカ  :勝ち点12:4勝2敗
Aカボベルデ  :勝ち点10:3勝2敗1分
Bガーナ    :勝ち点9:2勝1敗3分
Cコンゴ    :勝ち点9:2勝1敗3分
Dブルキナファソ:勝ち点6:2勝4敗
Eウガンダ   :勝ち点4:1勝4敗1分
【3組】
@コートジボワール:勝ち点15:5勝1敗 ドログバ(チェルシー)
Aカメルーン   :勝ち点11:3勝1敗2分 エトー(バルサ)
Bエジプト    :勝ち点10:3勝2敗1分 ミド(ローマ⇒)
Cリビア     :勝ち点10:3勝2敗1分
Dベニン     :勝ち点2:4敗2分
Eスーダン    :勝ち点2:4敗2分
【4組】
@ナイジェリア:勝ち点13:4勝1敗1分
Aアンゴラ  :勝ち点11:3勝1敗2分
Bジンバブエ :勝ち点8:2勝2敗2分
Cガボン   :勝ち点6:1勝2敗3分
Dアルジェリア:勝ち点6:1勝2敗3分
Eルワンダ  :勝ち点4:1勝4敗1分
【5組】
@モロッコ :勝ち点12:3勝0敗3分
Aケニア  :勝ち点9:3勝2敗
Bギニア  :勝ち点8:2勝2敗2分
Cチュニジア:勝ち点8:2勝1敗2分
Dボツワナ :勝ち点6:2勝4敗
Eマラウイ :勝ち点3:3敗3分

*各組1位がW杯に出場。
posted by 毒狗 at 01:01| Comment(0) | TrackBack(12) | ワールドカップ予選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

W杯 南米地区予選 4月4日現在

南米地区予選 4月4日現在
出場枠4.5(10ヶ国中の4.5枠でも少ないくらいにレベルが高い地区)

@アルゼンチン:勝ち点28:8勝1敗4分
Aブラジル  :勝ち点24:6勝1敗6分
Bエクアドル :勝ち点20:6勝5敗2分
Cパラグアイ :勝ち点19:5勝4敗4分

Dウルグアイ :勝ち点16:4勝5敗4分レコバ(インテル)サラジェタ(ユーベ)
Eペルー   :勝ち点14:3勝5敗5分ゲレーロ(バイエルン)
Fコロンビア :勝ち点14:3勝5敗5分コルドバ(インテル)
Gチリ    :勝ち点14:3勝5敗5分サラス(リーベル)
Hベネズエラ :勝ち点14:4勝7敗2分
Iボリビア  :勝ち点14:4勝8敗1分

*4位までW杯出場。
5位はオセアニア地区1位とのプレーオフ。

プレーオフに勝利した国がW杯出場。
posted by 毒狗 at 00:57| Comment(0) | TrackBack(6) | ワールドカップ予選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

W杯 北中米カリブ海地区予選 4月4日現在

北中米カリブ海地区予選 4月4日現在
出場枠 3.5国

@メキシコ   :勝ち点7:2勝1分
Aアメリカ   :勝ち点6:2勝1敗
Bグアテマラ  :勝ち点4:1勝1敗1分
Cコスタリカ  :勝ち点4:1勝1敗1分
Dパナマ    :勝ち点2:1敗2分
Eトリニダードトバゴ:勝ち点1:2敗1分

*3位までW杯出場。
4位は、アジア地区の5位とプレーオフ。
プレーオフに勝利した国がW杯出場。
posted by 毒狗 at 00:52| Comment(0) | TrackBack(6) | ワールドカップ予選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

W杯アジア地区予選 4月4日現在

アジア地区予選 4月4日現在
出場枠4.5(弱い地区なのにこれだけの枠を戴けてありがたい。)

A組
@韓国     :勝ち点6:2勝1敗
Aサウジアラビア:勝ち点5:1勝2分

Bクウェート  :勝ち点4:1勝1敗1分
Cウズベキスタン:勝ち点1:2敗1分

B組
@イラン  :勝ち点7:2勝1分
A日本   :勝ち点6:2勝1敗

Bバーレーン:勝ち点4:1勝1敗1分
C北朝鮮  :勝ち点0:3敗

*各組2位まではW杯出場決定。
 3位同士が対戦して、
 その勝者が北中米カリブ海地区の4位とのプレーオフに進出できる。

プレーオフの勝者がW杯出場決定。
posted by 毒狗 at 00:48| Comment(0) | TrackBack(5) | ワールドカップ予選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月19日

バルセロナvsヘタフェ 後半戦

前半戦からの続き
◆オランダがそしてマンUが誇る(世界一の?)馬顔ストライカー"ルート・ファン=ニステル=ローイ"と交渉してるとか、していないとか、
前回もイアキンタを獲るんじゃないかとか言って結局マクシ・ロペスだったし、
まだ何とも言えないけど、オランダ人プレイヤーは大好きだから嬉しいよどこでどう使うんだとかいう話はぬきとしてねw
○ラーションはケガが直っても出場数もチーム在籍日数(今季に加入)も少なくて、まだまだコンビネーションが成熟してないし、
マクシ・ロペスは経験も技術的にもこれからの選手だし、今回のようにエトーがケガすると途端に戦力が落ちてしまう。
●当然のように来季に向けてFWの補強は必要だしニステル・ローイなら文句なし。
中盤はモッタが帰ってきたし、そろそろみんな戻って来ないと;あとはベレッチのサブを獲れれば。後半記事はコチラから
posted by 毒狗 at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | リーガ・エスパニョーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月18日

バルサ快勝 見なきゃ損だよw

2−0で快勝だけど、
内容が最高に面白い!!

ロナウジーニョのキレが、ジオのボレーが、

終盤には超新鋭の17歳(六月に18歳)メッシーが!

流れ流れるようにつながっていくパス。

若干ラインズマンがオフサイド判定で厳しかった・・・ヘタフェ会長が賄賂をなんてw考えちゃうよ

ジュリが可哀想だった;

まとめ記事は近いうちに投稿予定です。

人気blogランキング
posted by 毒狗 at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | リーガ・エスパニョーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バルセロナ(H)vsヘタフェ

ヘタフェのトーレス会長はマドリディスタらしいけど、臨時ボーナスでも出すのかな?

結局は選手がサッカーするわけだけど、モチベーションは高いよなぁ

やって参りました!
アウェーで闘うクラシコよりもむしろ重要な(クラシコの)次の試合。

プジョルが出場停止の影響でマルケスがセンターバックへ下がってオレゲールとコンビ、

右ベレッチ、左ジオ(ファン・ブロンク・ホルスト)

ハーフはデコ(出場停止明け)シャビ、イニエスタ。

僕としては、ジオがピボーテ(ボランチ・DMF)に入るんじゃないかと思ったんだけど・・・良いと思うんだけどな

FWは右にジュリ、センターにマクシ・ロペス、でロナウジーニョ・ガウショ

さぁ良く闘っている昇格組みのヘタフェを叩きましょう。

それにしても、ゲームの様に次から次へと難題(?)が出てくるな〜〜〜w
posted by 毒狗 at 05:04| Comment(0) | TrackBack(0) | リーガ・エスパニョーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月11日

エル・クラシコ レアル・マドリードvsバルセロナ

スタメン・フォーメーション
barVSrmad-kansei.gif
*書き損ない(23)ベッカム
●試合開始早々からガンガンに押し込んで行くレアル・マドリード
地元新聞からもサポーターからも相当"尻を叩かれている"様子が伝わってくる。
《サンチャゴベルナベウ(ホームスタジアム)で負ければ勝ち点差が12と広がり優勝が絶望的
一方勝てれば勝ち点差が6に詰まって逆転優勝の可能性が残る。》
●前半7分〜 ジダン先制点
右サイド深くまで突破したロナウドが狙いすましたクロスに
半分すべりながら飛び込んできたジダンがヘッドでゴール!!!
ゴール後も勢いが止まらずにすべったままポストに頭から衝突したが、大事には至らず。
●前半18分〜 レアルのボール回し
バルサ攻撃陣はレアルDF陣の素早いプレッシャーで囲まれボールを奪われるシーンが目立つ
一方のレアルは選手が現れては1タッチ2タッチでボールを離し、滑らかにスムーズにボールが回っていく。
●前半19分〜 追加点はロナウド
流れを掴んでいるレアルにまたチャンス!↑で紹介した一連のパス回しのからロナウドがファールを獲る
右側Pエリア後方の3・4mくらいから、ベッカムがFK。
鋭く曲がったボールはフリーのロナウドがヘッドでどんぴしゃ!!!その後ろにいたジダンもフリーだった。
○ここまでのバルサは攻撃陣はキープできないしDF陣はマークがズレているしぎくしゃくしている。
●前半28分〜 エトーのゴール!!はバルサの目覚まし
今季21得点目のエトーのゴールはレアルの1000失点目やその他の記録がついていた。
(エトーはこの記録的なゴールを狙っていると宣言していた)
後方から突破してきたエトーは、最終ラインに張っていたシャビにパス。
すこしズレるがシャビが粘って相手DF前に足を出しスライディングパス。
そのボールへエトーが突っ込んで右足でのシュートが決まる!!!
○小・中学でも良くやるゴール前でのワンツーシュートのお手本のようだった。
このゴールからバルサが押し込んでいくシーンが増えていく。
●前線でのロナウジーニョのキープが基点となり幾度もチャンスが生まれた。
そのロニーは、懐深くキープする(ジダンのようなキープ)よりも、足元のタッチの細かさ(ボールタッチのテクニック)と、
優れたバランス感覚ですり抜けていく印象がある。
今日のクラシコでも画面で見る以上に激しく当たられ、又はけずられているなかで、いつもよりも単純にプレーしバルサのチャンスを演出していた。
bar-kou-1.gif
●前半37分〜 上図 バルサのパス回し  ロニーのキープが基点
ロニー⇒エトー(後方からランニング)⇒シャビ⇒ベレッチ⇒ロニー前でDFクリア
●前半39分〜 カウンターアタック
レアルを相手にする場合の狙い目は、ロベカルが上がった後のスペース。
どのチームもココを狙っていくだろうがバルサも同じ。
俊足でスペースに走りこむ事を武器とするジュリなど、バルサは何度も右サイドでチャンスを作っていた。
●前半40分〜 バルサ猛攻
ジオ・エトー・ジュリが次々にGK目前まで迫る。
本当にあと少しコースがそれたら、リバウンドがこぼれる位置が違ったらゴールというシーンが
しかし、レアルのGKカシージャスが大当たり!!!
○とくにジュリはこの後も決定的チャンスを阻まれ続ける・・・;
GKが当たっている相手にゴールを奪うには運などよほどな事が必要な場合が多い・・・;
●ロスタイム〜 スキ・・・
レアルは左サイドのロベカルの前のスペースにパスを出す、
バルサDFは対応範囲内に追いつき少しランニングスピードを緩めてしまう、
そこへ、諦めずに猛スピードで走ってくるロベカルが追いつきDFより先にスライディングで中へ折り返す
中に来ていたのはラウール同じくロベカルの足を信じ最後まで走っていた彼がダイレクトでシュート!!
GKヴィクトル・バルデスに当たりながらもボールの勢いが勝ってのゴール!!!
○長く同じチームにいる彼等ならではの信頼関係を感じた。 
+++++前半終了〜   後半開始
●後半19分〜 オーウェン参上
ボールに触っている時間で勝敗が決まるわけじゃないのがサッカー
ここまで、ほとんど目立たなかったオーウェンが"パッと現れつーっと走ってスッとゴール"
センターラインで様子をうかがいながらバルサDFのスキをつき飛び出すと、
同じくイングランド代表で共にフランスW杯に名前を売ったベッカムから縦パスが出る。
DFが追いつくわけもなく、オーウェンが独走!!!
そして冷静に右足のインサイドでシュートしゴール!!
○J元年に来日したイングランドを代表するFWゲーリー・リネカーが言った
「FWの99%が苛立ち」という言葉を思い出した。
画面に映らないだけで、バルサDFラインとずっと勝負していたオーウェン。
只一度でも勝てれば、オーウェンのようにライン際で勝負するFWは仕事をしたことになる。
そして、オーウェンは見事にバルサDFに勝った。
●後半19分〜 ゴール後にバルサが選手交代
ジュリ⇒マクシ・ロペス
今日のジュリはシュート精度以外なら素晴らしい動きだった・・・。
前から思っていた通り、キックの精度(主にシュート)さえ上がれば彼は世界のトップに立つことが出来るだろうに・・・。
bar-kou-2.gif
●後半25分〜 上図 バルサのパス回し2 ロニーのキープが基点
ロニー(タメ)⇒エトー⇒マクシ・ロペス⇒シャビ(ドリブル後クロス)⇒エトー(前に入り込みすぎたのか、空振り)⇒DFクリア
●後半27分〜 良いパス回しの後にチャンスあり!!!
前半にベッカムが蹴ってロナウドが決めた位置に近いところで、今度はロナウジーニョが魅せる!!!
いつものように集中してから右足で蹴る。並んでいたカベは一斉にジャンプしてブロックを試みたが、
カベの一部が割れてボールはそこを通り抜ける!!するとGKは何も出来ない、カシージャスは一歩も動けずただボールを見送るのみ。
ロナウジーニョは綺麗なゴールで戦いを諦めないという意思を見せる。
●後半30分〜 悪夢再び・・・いや悪夢は終らない・・・
エトーがドリブルから右足インサイドでパスを蹴った後に痛がって倒れる・・・。
プレッシャーのない場面だっただけに・・・
試合後の時点ではひざの半月板を損傷し全治6〜8週間とみられるが、
精密検査はまだ行われていない。
○どちらにしても、ケガはじっくりと直して欲しい。まだ若いしこれからがバルサの黄金期であり、
今期に優勝が出来なくても来期以降からますます成熟したコンビネーションを見せてくれるだろう事は想像に難くない。
ただ、早ければ早いほうがいいのも事実だけどw
●後半30分〜 選手交代エトー⇒ダミアー
エトーの負傷によりダミアーが入る。この人もライカールト期待の若手サイドアタッカー!!
マクシ・ロペスが中央に入り右サイドにダミアー。
ベレッチが出れない時にはサイドバックでも出たが、今日は本職の位置に入る。
●後半32分〜 再び^^ロニー
FKを獲得! 先ほどゴールした位置よりも内側でPアークの少し外。
期待が膨らんだものの今度はカベにはね返されてしまう。
●後半36分〜 選手交代
オーウェン⇒フィーゴ
この日出番ナシのフィーゴを一応出場させる。
●後半39分〜 選手交代
ラウール⇒ソラーリ
勝利を確信?
●後半40分〜
両チーム中盤をとばして、ゴール前での打ち合いの様相
●後半44分〜 選手交代
ジダン⇒セラデス

+++++試合終了
両チームの勝ち点差が6に縮まり、エトーがケガ、プジョルが累積警告で次節出場停止と試合結果と同じく散々だ。
ただ、試合内容は今までと同じく存分に攻撃力を発揮していたし、みどころも多くて楽しい試合だった。
あえていえば、運!!特にジュリが決定的チャンスを一度でも決めていたらバルサが勝っていたのかも。
と、言う事でマン・オブ・ザ・マッチはカシージャスでどうでしょう。
posted by 毒狗 at 11:31| Comment(0) | TrackBack(1) | リーガ・エスパニョーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。